AKB48 - 競馬の真骨頂

AKB脱退の平嶋&米沢 涙の謝罪「リビングから写真なくなった」

 インターネット上に男性とのプライベート写真が流出したとして女性アイドル集団、AKB48からの脱退を表明した平嶋夏海(19)と米沢瑠美(20)が4日、東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた握手会で、涙ながらに騒動を謝罪した。1期生の平嶋は支えてくれたファンやメンバー、家族への思いを吐露。「自分の行動を恥じ、失ったものの大きさを改めて実感しました」と号泣した。(サンケイスポーツ)

 AKBを草創期から支えた平嶋と米沢が、涙ながらに騒動を謝罪した。

 他のメンバーによる握手会前のライブ後、2人はステージで1万5000人を前にあいさつ。拍手や声援が飛ぶ中、グレーのジャケット姿の平嶋は、神妙な面持ちで「軽率な行動で皆さんに迷惑と心配をかけたことを申し訳なく思っています」と深々と頭を下げた。

 気丈にあいさつを続けたが、「私はAKB48と(所属する派生ユニットの)渡り廊下走り隊7が本当に大好き。辛いこともあったけど、辞めたいと思ったことは一度もありませんでした」と話すと、こらえきれず涙があふれ、ほおを伝った。

 平嶋は2005年の結成メンバーで、前田敦子(20)、高橋みなみ(20)、板野友美(20)らと同期生。
 「お父さんの声は目覚まし時計、お母さんは選抜に入れるように、仕事が増えるようにと祈ってくれていました」と家族の支えを励みに頑張ってきたが、「(騒動が起きた)あの日は寒い中、私の帰りを待ってくれた。でも、家に帰るとリビングから私の写真が全部なくなっていて…」と告白。「皆さんの顔や声をもう公演で見ることもできない。自分の行動を恥じ、失ったものの大きさを改めて実感しました」と悔しさをにじませた。

 3期生の米沢は「一緒に活動してきたメンバーの足を引っ張ってしまい本当に情けない。ファンも裏切ってしまった」と号泣。「私がルールを破ったことで(ファンの間で)事実と異なるうわさが上がっているのが心苦しい。他のメンバーは一切関係ありません」と強調し、「私のことはもう信じられないかもしれませんが、夢を追いかけているメンバーを応援してください」と呼びかけた。

 2人は、5日に同所で開かれる握手会をもってAKBとしての活動を終了。今後はソロで芸能活動を続け、米沢は「また応援してもらえる人になれるよう一生懸命生きたい」。平嶋も「また皆さんの前に立つときはAKBで学んだことを生かし、もっと成長した平嶋夏海を見せられるように前向きに頑張ります」と誓い、「たくさんの愛をありがとうございました」と感謝した。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。