競馬の真骨頂

ザッケローニの“日本代表欧州化計画”に英メディアが注目

 キリンカップを終えた日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督が、日本のレベルを上げるためにも選手が積極的に海外に出て行くべきだと主張していると、イギリス『FourFourTwo.com』が報じている。

 同記事では、キリンカップに臨んだ25人の日本代表メンバーのうち、11人が欧州でプレーしている選手だと説明。さらに、宇佐美貴史と李忠成にドイツへの移籍話が浮上していると記している。

 加えて、ドルトムントに所属する香川真司にマンチェスター・Uが興味を示している話に触れ、ザッケローニが遠藤保仁らJリーグに所属する選手たちに海外移籍に向けてのアドバイスを送っていると伝えている。

・ザックの計画に英メディアが注目
http://ck.mailmag.livedoor.com/ck/20110010a0ab76a6459f4c2df1/

ザッケローニ監督「勝利への意思が前面に出て予想以上の出来だった」

 7日に行われたキリンカップの日本対チェコの一戦が、日本が本田圭佑のFKなどでゴールを脅かしたが、ペトル・チェフの牙城を崩すことができず、スコアレスドローに終わった。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、試合後の記者会見で以下のように見解を語った。

「勝利に向かってチャレンジしたゲームだった。チェコに比べてもチャンスを多く作れたし、勝とうという意識は全面に出ていたと思う。選手たちの出来にも満足している。期待以上の出来だった。ただ、相手のGKが素晴らしく、それは賞賛しなければならない。このシステムに関してはバリエーションの一つだと言ってきたが、まだまだよくなる手ごたえを得た。ペルー戦に比べるとかなり良くなっているし、この数日間の練習だけでここまでできるのはたやすいことではない」

「(サイド攻撃が機能していなかったように見えたが?)確かにサイド攻撃のとき、スピードが遅かったと思う。中央のほうがスピードに乗ったプレー ができた。我々はバイタルエリア、そしてサイドのスペースを狙っていたが、チェコがサイドをうまくケアしてきた。そのため真ん中にスペースができた。チェコはFWとサイドのMFがかなり下がり、我々のサイド攻撃に対応してきた。ただそのかわり、相手の攻撃的な選手を2人消すことができた」

「伊野波(雅彦)と吉田(麻也)はビルドアップに積極的に参加してくれたと思っている。ペルー戦に比べ、縦への意識が強くなっていた。FWにボールを入れた回数を 見れば、それは明らかだと思う。また、サイドMFについても、オフザボールの動きや、スペースに入り込む動きが出ていた。もう少しクロスを入れてほしいと思ったが、相手のMFがかなり戻ってきたこともあって難しかった。クロスを上げられたのに上げなかったという状況もあったが、相手DFの高さを考えれば、それも理解できる」

ソースは
http://www.soccer-king.jp/daihyo/article/201106072300_japan_zac.html

ザッケローニ監督「数日で3−4−3がこれほどできるなんて信じられない」

 7日に行われたキリンカップの日本対チェコの一戦が、日本が本田圭佑のFKなどでゴールを脅かしたが、ペトル・チェフの牙城を崩すことができず、スコアレスドローに終わった。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、試合後の記者会見で以下のように見解を語った。

「(3−4−3の利点とは?)他のシステムと同様、理解してうまく活用することが大前提となるが、このシステムでそれができたときには、バイタルエリア、またはサイドで一人フリーになれるという利点がある。我々のチームは、4−2−3−1についてはある程度できているが、持久力とスピードという日本人選手の特徴を考えると、このシステムは合っていると思う。ただし、あくまで現時点ではオプションの一つだ。同じシステムだけ使うのでは相手も研究してくるし、成長につながらない。この2試合でそれなりの成長が見えたので、これは必要なときのオプションとして取っておこうと思う」

「私は3−4−3について理解しているが、数日でこれほどまでにできるのは信じられない。こういうトライを決断したのも、日本人選手の能力が3−4−3に合っていると感じたからだ。他の国の他の選手で同じことをやったら、今日のような結果にはならなかっただろう」

「ここ数日、選手たちには詰め込みすぎかというくらいに情報を与えた。特に、スタートポジションの話と、フィニッシュのイメージについて話した。そして、フィニッシュにどうやってたどり着くのかという部分についても、具体的に話した。試合前、選手たちに言ったのは、ここ数日で指示したことを全部やろうとするな、スタートとフィニッシュのイメージを持って、アプローチに関しては固執しないと。当然、選手の中には練習でやろうとしたことを実践しようと思った選手もいただろうから、考えすぎというところが、プレースピードを遅くしてしまったかもしれないが、後半になってからは、メンタル的にもフリーになって、良さが出たと思う。今日の選手たちの出来は、良い意味でサプライズだった」

ソースは
http://www.soccer-king.jp/daihyo/article/201106072320_japan_zac.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。